岩手県一関市にある特別養護老人ホーム 孝養ハイツ

孝養ハイツの特徴 施設紹介

トップページ > 孝養ハイツの特徴 > 施設紹介

施設概要

所在
岩手県一関市室根町折壁字八幡沖119番地
敷地
8,459.7㎡
建物
鉄筋コンクリート平家建
 特別養護老人ホーム…本館:2,116.37㎡、新館:1,341.25㎡
 デイサービスセンター…374.1㎡
定員
長期入所…80名
短期入所…20名
デイサービス…30名
居室
4人部屋…21室
2人部屋…6室
個室…4室
開設
平成5年4月1日

入所申し込みについて

【入所申込み方法等】
「特別養護老人ホーム孝養ハイツ入所に関する設置要綱」に基づいて入所順位等を検討します。

【入所対象者】
入所の対象となるのは、介護保険法に定める介護認定審査会において要介護度1~5と認定された方のうち、常時の介護を必要として、居宅においてこれを受けることが困難な方。

【入所申込みの方法】

1)入所申込書を提出していただきます。
直接、当施設にいらしていただくか、在宅介護支援センターまたは、介護支援専門員を通じてお申し込みください。

2)生活相談員が、調査票により状況の確認をさせていただきます。
入所希望者調査票により、入所希望者及びご家族等と面会を行って、心身の状況や病歴等やご家族の状況を確認させていただきます。
(健康診断書が必要な場合もあります。)
また、入院治療の必要がある場合など、自ら適切な施設サービスを提供することが困難な場合には、病院・診療所、介護老人保健施設等を紹介することもあります。

3)入所検討委員会で入所の順位等検討します。
月1回開催。委員会の委員は、当施設職員のほか、地域の福祉関係者等に参加していただきます。
(判断基準)
・要介護度
・介護者の状況
・居宅サービス利用の有無
・その他(医療的処置の必要性、住居環境の状況、介護老人保健施設・病院等への入所(入院)の状況、行動障害やコミュニケーションの状況、日常生活の状況、生活上の介護状況、日常生活の自立度等)

4)その他
申込み後に、介護度や居住等の変更がありましたら、その都度ご連絡をお願い致します。

【特別な事由による入所】
以下の場合には、上記に拘わらず、入所できる場合もあります。

1)老人福祉法の規定に基づく措置入所の場合
市町村から、老人福祉法第11条第1項第2号の規定に基づく措置入所依頼があった場合。

2)入院後に再入所する場合
入所者が入院治療の必要が生じて病院に入院する際に、概ね3か月以内に退院することが明らかに見込まれた場合で、退院後、在宅生活が困難と認められるため、再入所する場合。

3)緊急性等が認められる場合
災害や介護者の心身の状況が急に悪化するなど、緊急の入所が必要な場合。

施設全景   写真左側 : 孝養ハイツ    右側 : 一関市保健センター・室根診療所

建物平面図

 

                  

ページの上に戻る▲